4歳児とお庭やっています。最近は日常を切り取った写真ブログになっています。

聖徳太子ゆかりの朝護孫子寺の紅葉を堪能してきました~多宝塔から本堂編~

こんにちは、だいひょうです。

昨日の朝護孫子寺の続きです。

聖徳太子ゆかりの朝護孫子寺の紅葉を堪能してきました~玉蔵院編~

今日は多宝塔を抜けて本堂へ向かいます。

朝護孫子寺

多宝塔

祭壇に大日如来が祀られています。坐像丈三尺、説に恵心僧都作とすることから、古くは天台宗との関わりがうかがえます。元禄2年(1689)に建立、明治15年(1882)に修復しました。【御真言】大日如来:オン・アビラ・ウンケン・バザラ・ダトバン

朝護孫子寺HPより

朝護孫子寺

元禄の建物だそうです。凄い…

朝護孫子寺

鐘楼堂

建物は一丈四方に袴腰が付いています。貞享4年(1687)再建されました。梵鐘銘に信貴四郎とあります。南部遠明の家臣・田部井十郎が鋳造して奉納したとのことです。

朝護孫子寺HPより

朝護孫子寺

333年前に再建されたそうですΣ(・□・;)これも古い。

朝護孫子寺朝護孫子寺朝護孫子寺朝護孫子寺朝護孫子寺

虚空蔵堂(入試合格祈願)

虚空蔵菩薩を安置しています。虚空蔵菩薩は弘法大師・空海が青年時代に修行された「虚空蔵求聞持法」の本尊で宇宙全体に満ちている仏様の無量無尽の知恵や功徳を蔵する菩薩です。特に「入試合格」「学業成就」に霊験顕たかな菩薩です。【御真言】虚空蔵菩薩:ノウボウ・アキャシャ・ギャラバヤ・オンアリキャ・マリボリ・ソワカ

朝護孫子寺HPより

朝護孫子寺

入試の際には是非お参りしないといけないですね。

水屋

朝護孫子寺珍しい形でした。朝護孫子寺

寅の一家が居ました。

朝護孫子寺

経蔵堂

当山の経蔵堂は、中央に回転できる経厨子があり、中に仏教のあらゆる法門の経典を集めた「一切経」を納めてあります。その経厨子は、一回転させる毎に「一切経」をすべて読誦したのと同じ功徳があると言われています。皆様も、家内安全、身体健全、商売繁盛などの諸願成就を念じ、経厨子を右廻りに回してその功徳を授かって頂くことをお勧めいたします。また四面の壁面上部の彫刻は、印度から中国、日本への仏教の伝来の様子が説明してあり、一見の価値があります。※現在、経蔵堂内部への参拝はできません(再開未定)。

朝護孫子寺HPより

朝護孫子寺

本堂

大般若祈祷が毎日行なわれている本堂は、文禄年中(1592)豊臣秀吉により再建、または慶長7年(1602)秀頼の再建とする説があり、定かではありません。後に修復を加え、延享3年(1746)に完成しました。舞台造りとなっており、そこからは大和平野が一望でき、素晴らしい眺めとなっています。

朝護孫子寺HPより

朝護孫子寺

次回は本堂からの眺望をご紹介します。

それでは。

詳しい情報は朝護孫子寺のホームページをご覧ください。→朝護孫子寺のホームページ