4歳児とお庭やっています。最近は日常を切り取った写真ブログになっています。

滋賀県信楽町の鶏鳴の滝の続き

鶏鳴の滝

こんにちは、だいひょう(@daihyou_3)です。

本日は昨日の続きで鶏鳴の滝の写真をご紹介します。

基本的に写真はすべてjpeg撮って出し(サイズダウンのトリミングのみ)です。そういえば現像はほとんどやらないですね。一応Photoshopも持っているんですがね。

カメラは昨日に引き続きOLYMPUS PEN Lite E-PL1です。

滝の時は大体シャッタスピード優先で撮ります。

鶏鳴の滝
絞り値:f/11 露出時間:1/8秒 ISO感度:ISO-200 露出補正:+0.7ステップ

上の写真は露出時間:1/8秒、下の写真は露出時間:1秒です。ずいぶんと印象が違います。

鶏鳴の滝
絞り値:f/22 露出時間:1秒 ISO感度:ISO-100 露出補正:-0.3ステップ

鶏鳴の滝
絞り値:f/5.6 露出時間:1/125秒 ISO感度:ISO-1250 露出補正:-0.3ステップ

上の写真は露出時間:1/125秒、下の写真は露出時間:1/80秒です。下の方が多少流れていますが、あまり違いがみられません。

鶏鳴の滝
絞り値:f/5.6 露出時間:1/80秒 ISO感度:ISO-800 露出補正:-0.3ステップ

鶏鳴の滝
絞り値:f/22 露出時間:10秒 ISO感度:ISO-100 露出補正:-0.3ステップ

こちらは露出時間:10秒。ちょっと白飛びしてしまっていますね。失敗作かな。

鶏鳴の滝
絞り値:f/22 露出時間:5秒 ISO感度:ISO-100 露出補正:-0.3ステップ

こちらは露出時間:5秒。このくらいがお好み。水しぶきが臨場感を物語っています。

鶏鳴の滝
絞り値:f/5.6 露出時間:1/100秒 ISO感度:ISO-800 露出補正:0ステップ

上の写真は露出時間:1/100秒、下の写真は露出時間:1秒です。どっちも躍動感があって捨てがたい。

鶏鳴の滝
絞り値:f/22 露出時間:1秒 ISO感度:ISO-125 露出補正:0ステップ

鶏鳴の滝
絞り値:f/5.5 露出時間:1/320秒 ISO感度:ISO-1600 露出補正:+0.7ステップ

上の写真は露出時間:1/320秒、下の写真は露出時間:2秒。上は暗すぎですね。でも水しぶきの感じがいい感じに取れました。(自画自賛)

鶏鳴の滝
絞り値:f/13 露出時間:2秒 ISO感度:ISO-200 露出補正:+0.7ステップ

鶏鳴の滝
絞り値:f/5.6 露出時間:1/25秒 ISO感度:ISO-320 露出補正:+0.7ステップ

上の写真は露出時間:1/25秒、下の写真は露出時間:0.62秒この2枚は絞り値も変わっています。

鶏鳴の滝
絞り値:f/18 露出時間:0.62秒 ISO感度:ISO-200 露出補正:+0.7ステップ

鶏鳴の滝

滝の写真ばかりなのでちょっとアクセントに滝のそばに咲いていた花を入れてみました。

鶏鳴の滝
絞り値:f/22 露出時間:2.5秒 ISO感度:ISO-100 露出補正:-0.3ステップ

最終的にこの写真が個人的には一番お気に入り。

いろいろな条件にもよると思いますが、鶏鳴の滝では絞り値:f/22 露出時間:2.5秒 ISO感度:ISO-100 露出補正:-0.3ステップで撮るのが自分の中の正解でした。

この日は雨上がりで水量が多かったのでいろいろな撮り方を試せました。やはり滝は雨上がりがいいですね。でも思わぬ増水などあるので注意が必要ですね。あとは滝の周りは常に濡れているので結構滑りやすくなっているので滑りにくい靴で行くのは必須です。

それでは。

過去記事もどうぞ