4歳児とお庭やっています。最近は日常を切り取った写真ブログになっています。

紅葉が見頃を迎えている談山神社に行ってきました~十三重塔~

こんにちは、だいひょうです。

昨日に引き続き見ごろを迎えている談山神社です。

談山神社といえば十三重塔ですよね。

十三重塔

室町時代(重要文化財 )父・藤原鎌足の追福のために、長男・定慧と次男・不比等に よって西暦678年に建立されました。 現存の塔は、享禄5年 (1532)の再建で、木造十三重塔としては、世界唯一のものです。 唐の清涼山宝池院の塔 を模して建てられたと伝えられています。 高さは約17メー トルあり、屋根は伝統的な檜皮葺きです。 神仏混淆時代の名残であると同時に、談山神社のシンボル的な存在です。

談山神社HPより

談山神社

高さ17メートルもあり迫力があります。万葉の人たちには東京タワー並みのインパクトがあったんですかね~。

談山神社 談山神社

紅葉に囲まれた塔も良い感じでした。

やっぱりこの時期がいいですね。

談山神社

屋根の感じも歴史を感じます。

次回は拝殿をご紹介します。

それでは。

詳しい情報は談山神社ホームページをご覧ください→談山神社HPへ