4歳児とお庭やっています。最近は日常を切り取った写真ブログになっています。

大和民族公園を望遠レンズで撮影してきました

こんにちは、だいひょう(@daihyou_3)です。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROのレンズが万能すぎて他のレンズの出番がほぼ無くなってしまいました。

そこで久しぶりに望遠レンズを持ち出して撮影してきました。

機材はこんな感じです。

カメラ:OLYMPUS OM-D E-M5
レンズ:ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6

撮影場所はいつもの大和民俗公園です。

大和民俗公園

城下町として独特の歴史的風土を残す大和郡山市の矢田丘陵の東部に位置し、園内には有形・無形の民俗文化財を収集する民俗博物館があります。

県内各地の典型的な民家を園内に移築展示した特徴的な総合公園として、昭和50年度に都市計画決定を受けて整備を行い、 計画面積26.6ha中、平成17年度末現在、22.6haを開園しています。

奈良県HPより

先日まで公園の駐車場も閉鎖されていましたが、今は開いているので車は割と混んでいました。

いい天気でちょっと暑かったのでマスクを着けて歩くのは少し大変でした(;^_^A

大和民俗公園
焦点距離:58mm

焦点距離:58mmで葉っぱ越しに太陽を撮ってみました。

大和民俗公園
焦点距離:83mm

焦点距離:83mmで。いいボケ具合。

大和民俗公園
焦点距離:79mm

焦点距離:79mmで。麦ですね。マイクロフォーサーズなので35ミリ換算で倍になるので158mm相当ですね。背景もしっかりぼけて立体感を出せたのでは無いでしょうか?

大和民俗公園
焦点距離:79mm

これも焦点距離:79mm。

大和民俗公園
焦点距離:58mm

焦点距離:58mm。圧縮効果も相まって奥行きがあってお気に入りの写真です。

大和民俗公園
焦点距離:50mm

焦点距離:50mm。前ボケを綺麗に入れられました。青空に緑の葉っぱが映えますね。

やっぱり望遠も面白い。もう少しピント合うのが早かったらもっと持ち出したい感じです。野鳥とかもやってみようかな。

それでは。

過去記事もどうぞ